nonomu's blog"ノンオム"

nonomu’s blog"ノンオム"

関西に住む21歳の学生です。3年間のホテルバイトを通じて何事にも考えを持つことをモットーにしています。夢は学歴社会を潰すこと。読んでいただけたら幸いです。

披露宴は場所だけじゃない時期も大切!Part3元アルバイトが教える

どうも、nonomu"ノンオム"です

 

披露宴をするにあたり

元アルバイトが教える

大切なことPart3です

 

今回のテーマは

 

結婚式にふさわしい時期は?について

時期ごとに詳細を書いていこうと思います

 

正直いうと

時期にしっかりとした正解などありません

 

ただし知っておかなければ

いけないことがあります

 

目次

 

1月2月

この時期は比較的寒く

披露宴をあげる人は少ないです

やはり招待された人も

スーツやドレスコード

温かい格好ができるわけではありません

正直に言うと寒くて少し迷惑になる

ってことです

しかしながらこの月にすることは

マイナスだけではありません

披露宴の数が少ないと言うことは

前回の記事で挙げた通り

1件目の披露宴が比較的取りやすく

コスト的にも他の月よりかからないかも?

さらに動けるスタッフが揃うことでしょう

なのでサービスに関しては

高い品質のものを提供することができます

ですがもしホテルで

式を挙げると決めている方は

1月を避ける方が無難です

この時期には新年会があります

時間帯によっては

横の部屋で新年会が行われていて

騒いでる音が聞こえてくるかも、、、

 

3〜5月

この時期になると少し暖かくなり

気温的にも

披露宴がベストな時期になるでしょう

1,2月に比べると

披露宴を行う人が多く

人気の式場では

早い時期から埋まってしまうかも、、、

しかも来ていただく方々は

スーツ、ドレスだけでも

寒さを耐えることができる季節です

私はこの時期に挙げるのが

ベストであると思います

⚠︎あくまで私の意見です

 

6月

みなさんご存知

ジューンブライドです

簡単にジューンブライドについて説明しますと

結婚や出産の女神ジュノ様が守護する月が

6月であると言われています

昔からヨーロッパで伝えられており

6月のヨーロッパは乾季で

心地の良い気候月で

この時期に挙げる人が多いと言われています

 

しかしこれはあくまでヨーロッパの話

日本の6月はみなさんご存知の通り

梅雨の時期です

来ていただくお客様はスーツやドレスと

雨にはあまりふさわしくない服装です

毎日、雨が降るわけではありませんが

雨が降る確率が他の月より高いのが特徴

正直、私はこの月に挙げることは

オススメしません

結婚式の時に雨が降っていれば

それこそ不幸ですし

何よりお金がかかります

さすがジューンブライド

他の月より高く設定しても

この月に結婚式を挙げようとします

実際前回の章でも書きましたが

1件目の披露宴を取るのが難しい

なので私はオススメしません

こだわりのない人は他の月を

オススメします

 

7〜9月

この時期はとにかく暑い

正装が暑くて暑くて仕方ないです

その分披露宴も安くで挙げることができ

比較的暇な季節です

しかしながら暑い暑い暑い

この言葉につきます

これでもいいよ!って方は

この時期に挙げるのもいいかもしれません

とにかく暑い!

 

10,11月

天候も良く

暑くも寒くもない日が多いです

正直言ってベストな月になるでしょう

しかしながら

披露宴の数が多い

すっごく多い

毎週土日はほぼ披露宴です

披露宴以外の予定ないんか!

ってぐらい披露宴あります

毎月何人結婚してるん?って

スタッフは全員思ってます

忙しくスタッフの疲れが

目に見えるかもしれません

温かい目で見守ってあげてください

彼らも必死で働いてます

後、前回述べた

1件目が取りにくいかもしれません

披露宴の数は異常です

 

12月

1月2月とほぼ同じです

披露宴をあげる人は少なく

寒いです

凍え死んでしまいそうになります

そして何より

ホテルであげることをオススメしません

1月と同じく

12月には忘年会があります

ホテル側も考慮してくれていると思いますが

静まった時に横から

おっちゃんのカラオケが聞こえてくるかも

 

以上です

最後まで読んでいただき

ありがとうございました