nonomu's blog"ノンオム"

nonomu’s blog"ノンオム"

関西に住む21歳の学生です。3年間のホテルバイトを通じて何事にも考えを持つことをモットーにしています。夢は学歴社会を潰すこと。読んでいただけたら幸いです。

披露宴は場所だけではない時間が大切!元アルバイトが教える披露宴Part1

どうも、nonomu"ノンオム"です

 

皆さんは披露宴を行う日は

どのようにして決めていますか?

 

実際に日にちや時間によって

披露宴の質が大きく変わっていきます

 

今回は

披露宴の設営、接客をしていた私が

披露宴の裏側を交えて

質の高い披露宴をするには

について詳しく説明していこうと思います

 

 

披露宴は1件目を狙え

 

皆さんは披露宴を

何時からスタートさせたいですか?

 

朝1番から用意をするのは大変だし

夕方からがいいなとお考えでしょうか

 

午前中からスタートさせてしまうと

朝早くに起きなければいけないし

遠くから来る人に迷惑がかかるから

夕方からがいい人もいるでしょう

たしかにそれは一理あります

 

それはあなたが呼ぶ人を踏まえて

適切な時間でスタートを切ってください

 

ただしここに重要なことがあります

 

その披露宴会場

1件目の披露宴を狙ってください

 

それは朝一番でも昼でも夕方でも構いません

会場で1件目です

 

こんなことを言ってしまうのは

良くないでしょうが

 

1件目と2件目では

披露宴の質が変わります

 

接客していた私が言うのですから確かです

 

その理由は披露宴会場

ハードなスケジュールにあります

 

大体どこの披露宴会場もですが

忙しい日には1つの会場で

2〜3回披露宴をします

 

そして間の時間は約2時間です

 

2時間?

結構時間あるじゃん

 

って思った方

 

違うんです

 

披露宴は時間通りに

進行が進むことが難しいのです

 

私の働いていたところでは

30分から1時間半押していました

 

 

考えてみてください

 

もし1時間半押してしまった場合

披露宴から披露宴の時間は何分でしょうか?

 

そうです

30分なんです

 

1件目が1時間半押してしまった場合

あなた達のする披露宴会場

たった30分で仕上げられてしまいます

 

それなりの下準備はしていますが

披露宴の始まるギリギリまで

スタッフは走り回っています

 

皆さんご存知の通り

披露宴は安くで行えるものではありません

 

こちら側の都合で

時間を押すことができないのです

 

なので裏では

スタッフがピリピリした雰囲気の中

必死に披露宴会場を作っています

 

会場が出来たと同時に

ドアオープンなんてこと

よくあります

 

スタッフの私たちは

汗を流しながら

作り上げた会場で

休む間も無く接客がスタートします

 

これだけ書けばわかりますよね

会場においても

接客においても

1件目より2件目の方が

いいものができる可能性が低いです

 

これらの理由が

1件目で披露宴を行うべき

理由です

 

しかし誤解をしないでください

1件目にしても2件目にしても

どちらにおいても

ほぼ変わらないクオリティー

提供している

披露宴会場は沢山あります

 

あくまで

少ない可能性であるが

質が下がるかもしれないと言うことです

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました

 

これは大切な理由の

ほんの一部なので

また続き書きます

 

よければまた読みに来てください