nonomu's blog"ノンオム"

nonomu’s blog"ノンオム"

関西に住む21歳の学生です。3年間のホテルバイトを通じて何事にも考えを持つことをモットーにしています。夢は学歴社会を潰すこと。読んでいただけたら幸いです。

正しい怒り方〜人が成長する方法〜

どうも、nonomuです

 

今回のテーマは

正しい怒りです

 

あなたは人を怒ったことがありますか?

なぜ人を怒るんだと思いますか?

 

私はこのように考えます

人に怒りをぶつけると言うことは

その人の行いが間違っていてそれを正すために怒るものであると

その人に同じことをして欲しくないから

怒るのではありませんか?

あなたの怒りは人を正しい道へ進ませていますか?

自信を持ってはいと言える人は

この記事を読む必要がありません

少しでも自信がない方は是非読んでください

 

 

 

 

  • 感情に流されるな

その名の通り人を怒っている時

感情に流されてはいけません

イラついていて深く考えれないのは

よく分かります

ただ感情に任せて怒っていては

あなたの負けです

向こうがどんなに悪くても

あなたの負けです

感情に任せてしまうと

間違ったことを言ってしまいます

一度落ち着かせてから

本題に入るのが重要です

あなたが感情任せで物を言うと

相手はきっと反省どころではないはず

趣旨をしっかりと思い出してください

 

  • 頭の中を整理せよ

言いたいことをしっかりまとめてから

物事を言いましょう

考えがまとまっていないのに話を始めると

矛盾が起きます

怒られている側は人によりますが

冷静な人が多いです

例えその人に言わなくても

矛盾に気がついています

矛盾している話を聞いて

改善しようと思う人は少ないでしょう

 

  • その言葉言う前に振り返れ

あなたの言葉は

あなた自身が本当に守っていることですか?

ここが悪いからこのように改善しろ!と

言う前にもう一度

あなた自身を振り返ってください

常日頃からあなた自身は

そのことをバッチリとできていますか?

誰に聞いても大丈夫だと言われる

自信はありますか?

あなたができていないのに

人に言っているようでは

ただ吠えている子供にしかみられません

反感買うことになるでしょう

 

  • 自分ができないことは言うべからず

上記の「その言葉言う前に振り返れ」

と少し重複してしまいますが

あなたができないことを

他人に言う権利はありません

100%あなたが

できることだけを言いましょう

やりがちなのは人の態度を改める時です

「人が喋っている時に口を挟むな」

確かに正しいことを言っています

けれどもあなたが普段それをしていたら

台無しです

怒られている時は大丈夫

ではいけません

常日頃から人の話を

しっかりと聞いていますか?

 

 

  • コミュニケーションを意識せよ

怒っている時も

コミュニケーションは大切です

あなたの意見のみを

ぶつけてはいけません

相手の意見

しっかりと聞いてあげましょう

話を聞いてあげるだけで

相手もあなたの言葉を

しっかりと聞いてくれます

もしかしたら

あなたの誤解で人を

怒っている可能性も考えましょう

その誤解を解く方法が

コミュニケーションであるでしょう

何事にも

コミュニケーションが大切です

 

いかがでしたか?

怒る」の趣旨をもう一度見直してください

そうすることで人は大きく成長できます

怒る側、怒られる側

どちらも成長するチャンスがあります

これを機会に

怒りをぶつけるではなく

人を成長させるに

シフトチェンジしてみましょう

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました

 

次は怒られる側について書きます